池の浄化・アオコ・ヘドロ対策にリプルシリーズ

042-392-5525 資料請求・お問い合わせ
株式会社アクアテックジャパン
| English Page | HOME | ごあいさつ | 取扱商品 | 会社概要 | お問い合わせ |
アクアテックジャパン-タイトル
HOME> 取扱商品> リプルシリーズTOP>
リプルシリーズTOP リプル対流のメカニズム リプルシリーズ稼働映像 施工事例 よくある質問


@  リプル25がゆっくり回転を始めると毎分※113トンの表層水が360度、放射状に外へ押し出されます。

A  中心より360度外へ押し出され、軽くなった表層水を補うようにリプル直下の底水が水面に上昇し、中心の断面から見ると、富士山を描くように、大きくゆっくりと動く循環水流が作り出されます。


B  休むことなく水面と水底を対流する池水は、常に自然の外気に触れ、風で臭気を飛ばし、紫外線を浴び消毒され、酸素を取り込み、活性化された池水は一番重要な水底に送り込まれます。 

C  効率の良い池水全体の対流により、リプルが回転を始めるとまもなく、水温・pH・溶存酸素等、水質全体が均一化されます。

D  有機物の窒素やリンは、水底対流により活性化され、光合成により植物
プランクトンになり、次第に消化され更に
溶存酸素も作りだされます。

E  活性化され酸素を含んだ水が、水底の堆積物に接触することにより、ヘドロは表面から分解されながら、膨大な微生物が作り出され、ヘドロは次第に減少していきます。 

   ※1 リプル25の場合 13トン/分   リプル90 22トン/分   スーパーリプル200 45トン/分 を循環致します。
リプル25
リプル90
リプル15
スーパーリプル200

バイオ製剤
種類別ページ
ゴルフ場向け
養殖場向け
環境向け
管理釣場・その他
海外事業
エビ養殖場での取り組み
水質改善の取り組み
 
 
 
 
 
 
 
 
新聞掲載記事


このページのトップへ
株式会社アクアテックジャパン | English Page | HOME | ごあいさつ | 取扱商品 | 会社概要 | お問い合わせ | 個人情報保護方針
掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright (C) aquatech-japan All Rights Reserved.